Cloudflare Registrar にドメインを移管した話

開発/
  1. HOME
  2. 開発
  3. Cloudflare Registrar にドメインを移管した話

Google Domainsのサービス終了を受けて、ドメインの移管を決意した記事です。

大したことは書いてないです・・・

Cloudflare Registrarに移管する理由

複数ドメインを所有しており、移管が面倒で「Squarespace」での運用を検討していました。

しかし、、、更新料がなかなか高くて(comは1年目は1,800円、2年目からは3,000円!)、長く契約すればするほど損するなと思ってgTLD系のドメインを一括で移管することにしました。

国内レジストラの方が安心感がありますが、Cloudflare Registrarに移管することにしました。

一番の決め手は更新料で、Cloudflareのサイト上で「透明性の高い上乗せ無しの料金設定で提供します」という男気溢れる言葉に惹かれました。(確かに圧倒的な安さです)

  • DNSSECに対応
    • 要らないと言えば要らない。
    • GoogleDomainsで使っていたので可能であれば引き継ぎたい。
  • 更新料が安い
    • 2年目以降に高額になるサービスが多い。
    • 複数年使う前提で一番財布に優しいサービスを使いたい。
  • サイト転送を使いたい
    • サーバー立てれば良い話だが、できれば楽をしたい。
    • Aレコード向けたらよしなにやってくれる。サービスを使いたい。

ちなみに以前は管理画面が英語で面食らう方もいそうな感じでしたが、最近では日本語対応がされています。
そのため、”マニアックな機能”を使わなければストレスなく利用できるかと思います。

一般的な移管手順

各サービスによって申請画面は異なりますが、国際的なルールがあるので移管手順はどこのレジストリでも変わりません。
ここでは、一般的な手順を記載しておきます。

1.移管元での対応

ドメインの移管申請のようなものはありません。
ドメインロックの解除&認証コードの取得=移管表明と捉えていただけたらと思います。

  • ドメインロックの解除
    • 意図しないドメイン移管を防ぐ目的でロックが掛けられているので解除します。
  • WHOIS代理公開の解除
    • ドメインロックを解除すると認証コードが発行されますので、控えておきます。
    • これがないと移管申請できません。
  • 認証コードの取得
    • 代理公開を設定している場合は解除しましょう。
    • これが行われていない場合、移管元から移管を拒否されます。

2.移管先での対応

移管元での準備ができたら移管申請を行います。

  • 移管申請&料金の支払い
    • サービス上で移管申請を行います。
    • 移管申請のタイミングで料金の支払いを行います。
  • 移管完了まで待つ
    • 料金支払後はレジストラがよしなにやってくれるので完了まで待ちます。
  • whois代理公開を行う
    • 代理公開されているか確認しましょう。
    • 基本は移管申請時に申し込まれていると思います。

その他注意事項

  • ドル建てになるので為替の影響を強く受けます。円高の時に10年一気に更新するのがお買い物上手です。
  • jpドメインは移管できません。国内レジストラを利用しましょう。
    移管できるドメインリストはこちらから確認できます。

参考サイト

\ この記事をシェアする /